Cinnamons.jp  
メインメニュー
サイト内検索

ひろの名前

投稿者: たま 掲載日: 2005/7/25 (2470 回閲覧)
ひろの名前の由来について、国府弘子先生にお会いしてオフィシャルであることを確認し、サインを頂きました。

 ひろの名前の由来の件でず〜っと気にしていたことがある。ひろの名前はジャズピアニストの国府弘子先生より頂いたことになっている。国府先生の公式ホームページの掲示板で肝炎を患っているこの子に国府先生のパワフルな演奏のように元気になって欲しいので国府先生の「ひろ」を頂きたいとお願いしたところ、快諾のメッセージを頂いたので、一応オフィシャルということにしていたのだが、果たして国府先生はひろが私の子であるかを気付いてくれたのかという点。ライブ会場にひろを連れて行く訳にはいかないけど、やっぱちゃんとお会いしてご本人に「この子ですよ」って写真をお見せした上で、サインも頂かないとオフィシャルって胸を張って言えないよなぁ・・・、そんな事を心の片隅に思い続けて2年10ヶ月程が過ぎてしまいました。
 毎日のシナモンズ+ヴァンのお世話があるので、サインがもらえそうな場所での国府先生のライブになかなか行けない日々が続いていたのですが、2005年7月22日に私のお気に入りのライブハウスで国府先生のライブがあるということで、即行で予約を入れました。もちろん、その日は仕事を休みにして、長時間の外出は夜だけで済むようにしました。
 さて、当日の話。朝のお世話を済ませ、9時頃よりヴァンのお散歩をし、そのまま10時に8種混合予防接種のためヴァンを動物病院に連れて行く。ヴァンは診察室なのに珍しく主治医に甘えてました。診察台の上にのせるとやっぱり機嫌が悪くなってきたのですが、なんとかなだめられる状況でした。今日はなんだかお利口さん。予防接種も無事完了。帰宅して、お昼寝。
 16時頃、早めのお世話を終わらせて、サインをもらうためのひろの写真を数枚撮る。しかし、なかなかいい写真が撮れなかったのですが、なんとか2枚ほど使える写真が撮れた。その写真を駅前で写真屋さんの店頭にあるデジカメプリントで出力し、銀座のライブハウスへ向かう。
 18時前にライブハウスに到着したのだが、待ち合わせの時間に連れのバイトの子が現れないのでちょっとイライラモードに。実は、ライブは19時からなのですが、このライブハウスは食事ができるため、開店時間の18時にお店に入って、ライブが始まる前に食事を済ませたかったのでした。結局、バイトの子は19時ちょっと前に到着、バイトの子の大遅刻のせいで食事はライブ中になってしまいました。ちなみに、なぜこの子と一緒にライブを観ることになったかというと、この子はドラマーでして、本日のライブのバックで岩瀬立飛さんの演奏すると話したら、是非連れて行って欲しいと頼まれたからです。
 19時よりライブ開始。なんだか懐かしい曲を中心に演奏される。後半のステージの最初で国府先生がお客さんのリクエストでソロで演奏するとのことで、数曲リクエストが入ったのですが、イパネマの女のリクエストが入ると、それは後でトリオで演奏するとのこと。私が国府先生を知るきっかけになったCNNデイ・ウォッチというニュース番組のエンディンテーマで使われていたover the seven seasも演奏してくれたけど、途中で思い出せないということで中断、残念っ!
 そして、トリオでイパネマの女を演奏するのですが、途中から八尋洋一さんのスペシャルパフォーマンスになり、なんとベースをギター代わりにコードで弾きまくったと思えば、歌を歌い始めるし、こんなに弾けた八尋さんのパフォーマンスは初めて観ました。別の意味で会場が一気に盛り上がりました。ちなみに、岩瀬さんのドラムソロも凄かったですよ。
 そんなこんなでライブも大盛況のうちに終了。ライブ終了後になんとか国府先生にご挨拶することができたので、名前の件の確認とオフィシャルの証拠としてサインを頂きました。かいつまむけど、会話は以下のような感じ。

たま:先生、お久しぶりです。随分、ご無沙汰しちゃって・・・(ポリポリ)
国府先生:うわぁ〜、お久しぶりぃ〜、お元気でしたか?
たま:はい。6年ぶりくらいですね。随分、ご無沙汰しちゃいましたけど、大きなホールでは拝見していました。
国府先生:そんなになりますか。
たま:ところで、先生、実はお願いがありまして・・・(ひろの写真を見せる)
国府先生:うわぁ〜、フェレットちゃん、もしかして、掲示板に書いてあった肝炎のフェレットちゃんはあなたのフェレットちゃんだったのね。
たま:そうです。先生のお名前をいただいた子です。おかげさまで元気になりました。ところで、この写真に墨いれをして欲しいのですが。
国府先生:よろこんで。フェレットちゃんのお名前は?
たま:ひろです。
国府先生:ひろくんね。あっ、間違えちゃった。どうしよう。
たま:大丈夫、こんなこともあろうかとちゃんと予備を用意しておきました。
国府先生:どうもすいません(と、言いながらサイン完了)
たま:サインも頂いたし、これでひろの名前の由来は晴れてオフィシャルですよね?
国府先生:もちろん、オフィシャルですよ。ところで、フェレットちゃんはどれくらい生きられるの?
たま:大切に育てて8歳くらいです。
国府先生:それでは10歳まで大切に育ててくださいね。
たま:有り難うございました。これからも大切に育てます。

 これでひろの名前の由来はご本人より間違いなくオフィシャルと認定されました。わがままなファンの親馬鹿に快く応じてくださった国府弘子先生に感謝いたします。本当に有り難うございました。
 ちなみに、一緒にライブを観たバイトくんは、とっても気に入ったらしく「今日のライブは大変勉強になったし、大当たりでしたね」と大変よろこんでました。私が国府先生にご挨拶した後に岩瀬さんとお話することもできたし、帰りに国府先生のベストアルバムを購入してたしね。どうやら、また国府先生のファンをひとり増やしてしまったようです。

国府弘子先生直筆のサインです。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 さよなら、たまいたち ゆい、3歳の誕生日 次の記事