Cinnamons.jp  
メインメニュー
サイト内検索

らんの大脱走

投稿者: たま 掲載日: 2002/9/28 (2503 回閲覧)
動物病院の帰りにらんが脱走して迷子になった話。

 2002年9月28日、月例となっている健康診断のため、シナモンズ全員を動物病院に連れて行きました。特に新人のひろはミミダニとかチェックしてもらおうと思ってました。7匹ともなるとキャリー1つでは無理なので、ショルダーにクーたんとゆうを入れて、キャリーにみゅうとまい、らん、ゆい、混ぜられないひろは抱き袋という感じです。ひろ以外は異常なしとの診断。ひろの件はこちらで別に記します。
 ひろの検査結果がでるまでに時間がかかるとのことだったので、雨も降ってることだし、とりあえずシナモンズをウチに連れ帰ることにしました。帰りはショルダーにらんとクーたん、ケージにみゅうとゆう、まい、ゆい、抱き袋にひろという構成です。となりのペットショップのお姉さんたちにひろのお披露目をして、「いつものフードを2つほど後で取りに来るので取っておいてください」とお願いしてウチに帰りました。
 さて、ウチに着いてシナモンズたちをケージに入れるので、まずショルダーからクーたんとらんを出そうと思ったら、なんとらんがいない。焦った瞬間にインターホンが鳴った。「管理人ですけど、おチビちゃんがマンションの前の車を停めているところをちょろちょろと歩いているって連絡が入ったんだけど、お宅のおチビちゃんではないですか?」、「あ〜、ウチのです。今すぐ行きます」ってことで、らんの捜索開始。
 まず、雨が降っている中、管理人さんから教えて貰った場所を探す。車の下もよく見る。しかし、見つからない。芝生の部分も探してみるもなかなか見つからない。30分くらい探してとりあえず動物病院でひろの検査結果を聞くのとお会計を済ませないといけなかった。もしかしたら親切な人に保護されて動物病院かペットショップに届けられているかもしれないし、とりあえず動物病院にらんが脱走した事情を説明して後回しにしてもらおうと思って動物病院に向かう。
 途中、隣のオートバックスの前の茂みの中に小動物がいるのを発見!あれは明らかにらんだ!と、いうことでらんに近づくとらんは茂みの中に逃げ込んだ。その茂みはひざくらいの高さの木が植えてあるので探しずらい。茂みの中に突入するもサンダルだから歩きづらい。でも、この茂みの中にいるとわかったのでとりあえず一安心したけど、無事捕獲するまでは気が抜けない。
 と、まぁ、雨も降っているのでもう一度らんが茂みから出て来るのを目を皿のようにして見る。すると5分くらい後に再びらんが茂みから顔を出した。「らんちゃ〜ん、らんちゃ〜ん、おいで!おいで!」とひたすららんを呼び続けると、らんは私のほうに寄ってきたので即行で捕獲!脱走事件は無事解決となりました^^;
 らんをすばやく発見できた理由は言うまでもなく、普段からマンションの管理人さんや住人の皆さん、掃除のおばさん達にシナモンズを親バカしていたからです。ご近所付き合いの大切さを痛感しました。ほんと、発見して管理人さんに連絡してくれて人と管理人さんには感謝ですm(__)m
 その後、ペットショップでフードを取りに行ったら、店員さんに「どうしたんですか、ずぶ濡れで」といわれたので、「実はらんが脱走して、捕獲してたらずぶ濡れになった」と理由を話した。続いて、動物病院に行ったら受付でやっぱり看護婦さんに「どうしたんですか、ずぶ濡れで」といわれたので、「実はらんが脱走して、捕獲してたらずぶ濡れになった」と理由を話した。その後、主治医の先生からひろの検査結果を聞く前に事情を説明してらんの触診をしてもらった。とりあえず大きな物は飲み込んでないらしいので一安心。だけど、その後、ひろの病名を聞き漏らすなど気が動転していたのがおさまってなかったらしい。先生、ご迷惑をおかけしてごめんなさいm(__)m
 最後に、今回のらんの脱走の原因はショルダーに入れるときにリードをつけてショルダーから逃げ出さないように処置しておかなかった私の不注意です。気をつけないと。ちなみにらんは茂みの中の大冒険にご満悦でした。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 ミニたまいたち? 偶然の出会い 次の記事