Cinnamons.jp  
メインメニュー
サイト内検索

みゅうの副腎腫瘍

投稿者: たま 掲載日: 2006/9/30 (2843 回閲覧)
みゅうの副腎腫瘍の話。リュープリンで治療しました。


背中のハゲ具合(2006/10/1)


お腹のハゲ具合(2006/10/1)


触診中です(2006/9/30)


リュープリンを注射中(2006/9/30)


こんなにハゲちゃって・・・(2006/10/28)


さらにハゲちゃった(2006/11/4)


診察台で遊び中(2006/11/11)


ここまで復活しました(2006/11/25)


マフマフ女王完全復活(2006/12/24)
 2006年9月30日、みゅうの副腎腫瘍の治療を始めました。最初に経緯を簡単に説明いたしますと、8月28日、会社から帰宅した後に夜のお世話をしてました。うちの場合、お世話をするときに、遊んで欲しいと寄ってくる子を抱っこしたり、様子が気になる子をチェックしますが、このときにみゅうの爪切りと耳掃除をしようと思ってみゅうをラッコの体勢で抱っこしたら、お腹がハゲてました。しかも、ゆうの副腎腫瘍のときと同じ感じだったので、もしやと思ってとりあえず主治医に電話で報告して様子見することにしました(その後、おとの鼠径部の腫れを発見するのですが・・・)。
 その後、おとのことでいろいろありまして、なんとか落ち着いたところでひろのインスリンノーマ疑惑もあったので、みゅうも肩の辺りがハゲてきちゃって、これはもう副腎腫瘍の疑いが濃厚なので、9月30日に主治医にふたり一緒に診てもらいました(ひろの件は別のエピソードに書きます)。
 主治医曰く、みゅうの血液検査の結果と体臭、ハゲ具合などから判断すると恐らくは副腎腫瘍であろうということで、肝炎は併発していないようなので、主治医と相談した結果、早い段階でリュープリンを注射して治療しましょうということで、副腎腫瘍の治療を開始しました。

 10月28日、2回目のリュープリンを注射しにひろと一緒に動物病院に行きました。みゅうは採血のときに暴れまくってくれるので、採血に時間がかかってしまいました。リュープリンを注射する前に触診で膵臓のあたりに腫瘍っぽいものがあるのと、血液検査の結果で血糖値がちょっと低いので、もしかしたらインスリンノーマの可能性が考えられるとのことで、しばらく抗生剤を飲むことになりました。それ以外は問題ないとのことでリュープリンは注射しました。順調に行けばこれから1〜2週間で毛が生えてくるので誕生日のあたりにはある程度毛が生えていると思います。

 11月4日、腫瘍の件で動物病院に行きました。相方のクーたんがしばらく別居状態が続いているので心配だろうと思って同行させたら、クーたんは道中キャリーの中で暴れまくってました。久々にみゅうとツーショットでお出かけなのに、何が気に入らないのですか?
 さて、本題ですが、膵臓のあたりにできたと思われる腫瘍の件で触診した結果、腫瘍が小さくなってきているのことでした。もう1週間ほど抗生剤を飲むことになりました。ちなみに、ハゲのほうは進行しちゃって・・・、って感じ。もうしばらくすると生え始めると思われるので、もうしばらくの辛抱かな。

 11月11日、またまた膵臓のあたりにできたと思われる腫瘍の件で触診した結果、腫瘍が無くなっているとのことでした。でも、腫瘍ができたところが膵臓のあたりなので、インスリンノーマの疑いは晴れていないので、次回リュープリンを注射する際の血液検査でその件も含めて検査することになりました。
 毛のほうはアンダーがかなり生えてきましたが、気になるのは頭のハゲ、なんかかっぱちゃんになってます。もうしばらく辛抱が必要のようです。

 11月25日、3回目のリュープリン注射しにひろと一緒に動物病院に行きました。最初に触診していただきました結果、やはり腫瘍は無くなっているとのことで、腫瘍の件は一安心。次は血液検査のための採血、相変わらずみゅうは暴れまくりでしたが、何とか採血完了。血液検査結果は問題なしとのことで、インスリンノーマ疑惑が晴れました。
 毛のほうも頭のてっぺんがまだちょっとハゲててかっぱちゃん状態ですが、アンダーはほぼ生えそろってます。新しく生えてきた毛はちょいとツルっとしていて健康的な感じ。もうしばらくしたらマフマフ女王復活かな。年内に復活できそうです。ちなみに、主治医ったら「みゅうちゃんの毛がこんなに生えてきてうれしいでしょ?うれしいでしょ?」って連発してました。よほどうれしかったらしいです。

 3回目のリュープリン注射後も毛の生え具合は順調で、体調もよいので副腎腫瘍の治療は順調のようです。12月10日あたりには頭のハゲもなくなってほぼ完全復活という感じまでになりました。

 12月24日、3回目のリュープリンを注射してから1ヶ月ほど経過したので、検査をするために診察していただきました。毛の生え具合と健康状態からリュープリンはもう注射しなくてよいとのことでした。主治医のお墨付きもありましたので、これにて完全復活です。ちなみに、クリスマスイブなので、鶏肉チンを振る舞ってシナモンズ+ヴァンみんなでみゅうの完全復活を祝いしましたとさ。
 みゅうみゅうさん、本当によく頑張ったね。よかったね。これからも元気でね。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

ページ移動
良く読まれた記事 ひろのインスリンノーマ おとの悪性リンパ腫 次の記事